×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

比例代表選挙

比例代表制
比例代表制は、政党の得票率に比例して議席配分を決定する(または得票率に比例して個人候補者の当選優先順を決める)選挙制度である。
このため立候補は政党単位で届け出なければならないはずだが、幾つかの選挙制度は政党を届け出る必要が無いのに比例代表制と認知されている。
比例代表制は、相対多数派を優遇し死票を大量に発生させる「小選挙区制」または「多数代表制」の対極にあり、有権者の民意を最大限正確に立法府に反映させる制度である。
小選挙区多数代表制が大政党、特に二大政党に有利な選挙制度であるのに対して、比例代表制は第三位以下の少数派政党にもその得票率に比例した議席を与える。
比例代表制への批判としては、選挙民から候補者を選べないという不満が出やすい(政党比例代表の場合)、同じくらいの力をもつ中規模政党が複数ある場合に各政党間に政策の一致がないと政争によって政局が不安定になりうる、強力な政権を生み出しにくい、などがある。
これに対して比例代表制を肯定する立場からは、政策重視型の政治を実現できる(政党比例代表の場合)、候補者と選挙民との個人的癒着が起こりにくい(拘束名簿式の場合)、多数代表制・二大政党制は実際には絶対少数派意見に基づく専制政治をもたらす(個々にはより少数である多様な諸意見が不当に封じられる)ので比例代表制の方がシステムとして安全である、自分の意見のみを通そうという考え方ではなく話合いによって他者のことを考えて皆にとって一番いい政策は何か考えることを政権に学ばせる意味で優れた制度といえる、そもそも民意が議席に正確に反映されることは民主主義にとって最大の利点である、などが指摘される。
政党の得票率を得る最も単純な方法は、政党を立候補させ、投票者に政党へ投票させることである。
しかし大抵の議会制度では、政党名義の議席所有は許されない上に、一人の個人が複数の議席を所有することも許されない。
このため、各政党は立候補者の名前を並べた「立候補者名簿」を事前に提出する。
これを名簿式比例代表制と言う。
個人で立候補する場合は、立候補者数一人の立候補者名簿を提出する政党として申請する。

メニュー


LINK